ペット葬儀の違い【日本でもキリスト教式のペット葬儀は可能】

日本のペット葬儀社はどんな宗教でも対応している

ペット大国アメリカのペット葬儀に対する考え

アメリカのペット葬儀

自分の庭に埋葬する
飼っているペットが亡くなった場合、アメリカでは自宅の庭に埋葬することが一般的です。そのため、アメリカのペット葬儀業者は、ペット専用の棺を準備してくれます。ただし、州によっては自宅の庭に埋葬することを禁止している場合もあります。
ペット葬儀(火葬)
アメリカのペット葬儀業界では、ペット火葬の人気が高まっています。ペット葬儀業者に依頼すると火葬してくれて、火葬後の遺灰を骨壷に入れて管理してくれます。また、ペットの遺灰を自宅の庭に撒く人もいます。しかし、グループ火葬を選択すると、多数のペットの遺灰を一つにするので返却されません。

日本在住の外国人に聞いてみた!【母国でのペット葬儀について】

大好きなペットが亡くなったときの喪失感は大きい(20歳/女性/アメリカ人)

アメリカではペットは家族の一員と考えられているから、大好きなペットが亡くなるとペットロスになる人も増えているのよ。私も小さい頃、大好きなペットが亡くなったの。その時の喪失感はとても大きかったわ。ペットを家族として大切に思っていたから、親にお願いしてキリスト教式の葬儀をしてあげたの。きっと天国で喜んでいると思うわ。もう一緒に遊ぶことはできないけど、いつまでも大事な家族なの。

外国にも日本と同じようにペット葬儀を行なう地域がある(26歳/男性/アメリカ人)

僕の母国でもペットが亡くなった後は、日本と同じようにペット葬儀をしているよ。自宅の庭に埋葬する人が多いんだけど、埋葬する人の90%以上がペット葬儀業者を利用して火葬を選択しているみたい。アメリカではキリスト教徒が多いから、葬儀は土葬が一般的。でも、ペット葬儀に関しては、火葬を行なう地域も増えてきているんだ。火葬には個別火葬とグループ火葬があって、グループ火葬では共同墓地にペットの遺骨を埋葬しているよ。

日本でも土葬は可能なのか?

外国人の疑問

アメリカではペットを庭に土葬していました。日本でも可能ですか?
日本でもアメリカのように昭和初期までは、ペットを土葬することが一般的でした。しかし、国土が狭い日本では、土葬をするための庭がない家庭も多くあります。私有地以外に土葬すると環境破壊の要因となるので、公園や道路などの私有地以外で土葬することは法律で禁止されています。日本のペット葬儀では、ペット用の墓地や慰霊碑があります。キリスト教やイスラム教など宗教的な理由で土葬を望む人にも対応することは可能です。
ペット葬儀も自分と同じ宗教で供養できますか?
日本のペット葬儀業者でも、ペットは大事な家族という考え方ですから、地域独自の宗教や供養方法に対応することは可能です。事前に担当スタッフと相談することで、希望通りの葬儀を執り行うことができます。キリスト教や仏教、ヒンドゥー教などどんな宗教にも柔軟に対応しています。ペット葬儀に関して、不明な点や疑問がありましたら、なんでも相談してみてください。24時間365日受付をしているコールセンターに問い合わせてみましょう。

TOPボタン